楽器業界NEWS速報
  1. トップページ
  2. 楽器業界NEWS速報

トンボ楽器製作所「創立100周年記念式典」300名集い盛大に開催

2017年10月25日 09時54分

トンボ楽器製作所の「創立100周年記念式典」が10月20日午後4時から3時間、東京・浅草ビューホテル・飛翔の間で、業界関係者やハーモニカ、アコーディオンなどリード楽器の演奏家ら約300名がお祝いに駆けつけ盛大に開催された。

img

同社は、創業者真野清次郎氏が、14歳で新潟から上京して玩具問屋に奉公。ドイツ製のハーモニカを扱っていたことから、その修理を通じて楽器の構造を学んだことが、そもそものハーモニカ作りの始まり。

明治35年(1902)高陽堂真野商会を東京・上野で創業。大正6年(1917)に日暮里にハーモニカの専門工場を設立して、社名をトンボ楽器製作所とした。昭和5年(1930)には国産初のアコーディオンを製作。

また昭和42年には、国産初の純電子式のアコーディオンを製作。同62年には中国・天津に合弁会社を設立と、長年にわたり高品質なハーモニカ、アコーディオンを製作し続け、リード楽器の世界的なトップメーカーとしての盤石な地歩を築いてきた。

初代清次郎氏に続いて2代目市太郎氏、3代目泰治氏(現会長)、そして4代目の照久氏と社業は受け継がれてきたが、同社のもう一つの特色は、それぞれが一流と言えるほどのはハーモニカあるいはアコーディオンのプレイヤーであること。音楽一家であることが、社業の発展の原動力になったことは言うまでもない。

記念式典では、アコーディオンのcoba、ハーモニカのリー・オスカーといった世界的な名プレイヤーが、長年の同社との親交を語り、また素晴らしい演奏を披露。100周年の祝賀に相応しい盛宴となった。

  • img
  • img
  • img
  • img

← 楽器業界NEWS速報一覧へ戻る

NEWS Archives

2017: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ページの先頭へ