楽器業界NEWS速報
  1. トップページ
  2. 楽器業界NEWS速報

JASRACが「音楽教室における請求権不存在確認訴訟」の判決受け記者会見

2020年03月02日 15時47分

音楽教室における著作物使用料の請求権を巡る裁判で、2月28日に勝訴の判決を受けた日本音楽著作権協会(JASRAC)では、同日16時より記者会見を行った。

img

この裁判は音楽教室事業者がJASRACを被告とし、音楽教室での音楽著作物の演奏利用について、同協会が請求権を有しないことを確認するために2017年6月20日に提訴したもの。
東京地方裁判所(佐藤達文裁判長)は、2月28日の判決でJASRAC勝訴の判決を下した。

会見にはJASRACの世古和博常務理事と田中豊弁護士が出席し、これまでの経緯と争点などを説明。
世古常務理事は「JASRACの主張が全面的に認められたものと受け止めている」とし、「音楽教室事業者の皆さまのご理解を得られるよう取り組みを進め、創作者への対価還元を通じて音楽文化の発展に努めていく」とコメントした。

なお、音楽教室訴訟原告(音楽教室事業者249名および個人の音楽教師2名)および弁護団、音楽教育を守る会はこの判決を遺憾とし、訴訟の方針を決議。3月5日に記者会見を予定している。

  • img
  • img

← 楽器業界NEWS速報一覧へ戻る

NEWS Archives

2020: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ミュージックトレードtwitterアカウント
ページの先頭へ