楽器業界NEWS速報
  1. トップページ
  2. 楽器業界NEWS速報

ヤマハ「Distance Viewing」発表、ライブハウスの新たな動員源へ

2020年10月21日 09時32分

ヤマハでは、次世代ライブビューイングとして「Distance Viewing」を発表。10月19日に一般向けイベントとして、音楽ユニット「ORESAMA」のライブステージをDistance Viewingでリアルに再現した。

img

Distance Viewingではライブ時の迫力あるサウンドを再現しつつ、大型スクリーンによる等身大のアーティスト映像、ライブ同様の照明演出で迫真のパフォーマンスを実現。既存のPA設備を活用し、ライブハウスならではのバーチャルライブやオンライン配信を行うことができる。

渋谷のライブ&カフェ・スペースVeats shibuyaで行われた「ORESAMA」のDistance Viewing上演では、80's Discoをエレクトロ、ファンクでリメイクしたサウンドに鮮やかな照明演出が加わり、リアルさながらの豊かな臨場感を満喫した(写真)。

一般向けイベントに先駆けてメディア体験会も行われ、開発を担当したヤマハデザイン研究所・柘植秀幸氏が経緯と概要を説明。Distance Viewingによってバーチャルで複数回あるいは全国各地の複数会場での公演を可能とし、来場者・関係者の安心安全と収益化の両立を図る。コロナ禍でライブ運営にも様々な制約が課される中、ライブハウスの再活性化につなげたいと強調した。

  • img
  • img
  • img
  • img
  • img

← 楽器業界NEWS速報一覧へ戻る

NEWS Archives

2020: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ミュージックトレードtwitterアカウント
ページの先頭へ