楽器業界NEWS速報
  1. トップページ
  2. 楽器業界NEWS速報

音楽教室訴訟に判決「生徒演奏には著作権使用料請求権なし」

2021年03月19日 10時43分

音楽教室でのレッスンにおける日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権料徴収を巡る控訴審で、3月18日、知的財産高等裁判所はJASRAC側一部敗訴の判決を言い渡した。

img

知財高裁の菅野雅之裁判長は、JASRAC側の主張を認めた一審判決の内容を一部変更し、「生徒の演奏には著作権が及ばない」と判断。講師の演奏と録音物の再生については一審同様、著作権使用料の徴収対象であるとしている。

これを受けて音楽教室訴訟原告および弁護団、音楽教育を守る会は声明文を発表し「真に音楽文化の発展を考えるのであれば、民間の音楽教室における音楽教育の重要性について十分な配慮がなされなければなりません。それが音楽の裾野を広げ、楽曲の利用を拡大することとなり、ひいては権利者のみなさまの利益にかなうこととなるはずです」とコメントしている。

(3/19 17:30更新:3月19日に守る会の臨時総会において、上告の方向で進めることが決議されたが、上告の法的準備が間に合わないと見込まれることから、3月22日に予定していた記者会見は一旦中止)

  • img

← 楽器業界NEWS速報一覧へ戻る

NEWS Archives

2021: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2020: 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ミュージックトレードtwitterアカウント
ページの先頭へ